スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございます
めるるんがお星さまになってから、昨日で2週間が過ぎました。
この2週間、とても長かった気もするし・・・
めるるんが私たちの前からいなくなってからもう2週間も経つなんて信じられない気もします。

先日めるるんのことをblogに書いてからも、メールやコメントであたたかい言葉をおくっていただきありがとうございました。
私の体調を心配してくれるメールなどもあり、ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした。

私たちはとても元気です。
いつもと変わらない生活をして、ごはんもしっかり食べています^^

でもKママさんがおっしゃるように、この悲しみや寂しさは時間しか解決することができないのかも知れませんね。
それは仕方ないことだと思います。
でも、私たちは前向きです!
どうぞ心配しないでくださいね。

週末には東京の桜も満開です。
みりぃを連れてお散歩など楽しみたいと思っています。

みなさまのお気持ちに感謝です、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

タイのワンコ
タイ旅行のことはママblogに少しだけ書きましたが、こちらはワンコblogなのでタイで出会ったワンコたちのことを少しだけ。

バンコクではたくさんのワンコに出会いました。
と言うより、そこらじゅうにノーリードでウロウロしていました。
首輪をしている子していない子いろいろで、飼われているのがノラちゃんなのかそれもよく分かりません。

でもみんなとっても穏やか、人間に対する警戒心も全くありませんでした。

リードをつけている子はひとりもいませんでした。
もしかしてリードをつけてお散歩なんかすると、虐待している!とかいわれちゃうかもね。

m100122-3.jpg

観光客がドヤドヤと歩くすぐ側で気持ちよさそうにお昼寝をしています。
m100122-4.jpg

タイの仏教では野良猫や犬にご飯を与えることで功徳を得られると考えるらしく、そのせいか痩せた子はいなく、みんなふくふくとしていました。

ガイドさんには病気を持っている可能性があるからさわらないようにと注意されました。
確かに、皮膚病らしき子はたくさん目にしました。

アユタヤにもたくさんのワンコ^^
m100122-1.jpg

世界遺産の中で生まれた子達^^
だれかがごはんを与えていました。
m100122-2.jpg

テリア系の子は何頭か見かけましたが、プードルちゃんはいませんでした。

みりめるが家族になる前からワンコが好きで、旅先ではよくワンコの写真を撮っていました。

南仏を旅行した時も、タイほどではありませんがひとりお散歩の子をよく見かけました。
で、こんな風に写真を撮ったのですが、今から見返すとプードルちゃんらしき子がいっぱい写っていました。
お国柄ですね^^

その時はプードルを飼うなんて思ってもいなかったけど、もしかしたら原点はそこにあったのかもね(笑)
当時はデジカメではなかったのでアップできないのが残念です。


ママブログ

みりめるブログは相変わらずサボってばかりですが(^^;
最近、ママブログをがんばってアップしています(いつまで続くか分からないけど。。)
IMG_9489.jpg

こちらです⇒

良かったら見てくださいね^^



マーリー
先日、映画の試写会に行って来ました。
「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」
image_20090311195431.jpg
一言で言えば・・・おバカ犬(マーリー)と、家族の絆の物語。(←表現力なさ過ぎ(^^;)

マーリーの成長には、共感出来るところが沢山あって、何だか懐かしくなりました。
そしてお腹がよじれるほど笑い・・・想像していたけど、最後は泣きました。。。

避けては通れない現実。
でもその日まで、みりめるといっぱい、いっぱーい楽しい思い出を作りたいな。
そして、パパとママの子で幸せだった、そう思って欲しい。。。
0903.jpg
みりめる、今は幸せ?


この映画、アメリカでベストセラーになったエッセイを映画化したものだったんですね。
知りませんでした。
で、原作も読みたくなって、早速注文しちゃいました。
15208764_20090315170201.jpg

スタンプー?
写真を整理していたら、こんなのが出てきました。
       0902.jpg
昨年、ハワイ島に行ったときに撮った写真です。
ドライブ中、このサボテンを見つけて思わず車を降りて撮ったんですが・・・
どうですか、スタンプーに見えませんか?
Copyright © 気まぐれDiary**. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。